インクルいわてのブログをご覧いただきありがとうございます<(_ _)>

また 嬉しい応援メッセージをいただきました!

インクルいわての活動を知っていただき、賛同してくださることは
インクルいわてのメンバーのみならず、岩手の、全国のひとり親家族への
「応援団」が結成されていくようです。

そして このブログの「全国からのメッセージ」が増えていくことは
「包摂」の輪が確実に広がっているということです。

心から感謝いたします。

ブログをご覧くださった皆様、ぜひメッセージをお寄せ下さい!
(ブログ掲載につきましては確認させていただきます)

*********************************

小澤吉徳(司法書士 静岡司法書士会)

静岡の司法書士の小澤と申します。
まずもって、インクルいわての取り組みについて、心から敬意を表したいと思います。


静岡県司法書士会においては、20年前から多重債務被害救済活動を積極的に支援しておりますが、ご相談者の中で、ひとり親の世帯の占める割合はとても高いのが現状であります。

貸金業法改正時に策定された多重債務者改善プログラムにおいて、専門家の役割としての基調となっているのは「生活再建の支援」の視点であると理解しておりますが、多重債務事件に取り組む司法書士ひとりひとりが、日々の執務においてそれをもっと自覚すべきだろうと思います。
もちろん、自戒の気持ちを込めて。

貸金業法改正の議論の中では、専門家の役割として「カウンセリング」の重要性が強調され続けていましたが、ここでいう「カウンセリング」は、段階的に次のようなものだと指摘されていました。
1.「債務整理」
2.「家計管理」
3.「自立支援」
4.「心のケア」
つまり、司法書士のような専門家に求められているものは、借金の法的解決に留まるものではない・・ということだと理解しています。

インクルいわてのひとり親支援の取り組みも、私たち専門家に与えられた使命と大きく重なる問題であります。「連携」という言葉をキーワードに協働できればありがたいと思っております。

*********************************

小澤吉徳先生 ありがとうございました☆

これからもインクルいわての応援をよろしくお願いいたします<(_ _)>


2012.11.14 Wed l ★全国からの応援メッセージ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://incluiwate.blog.fc2.com/tb.php/46-fc7dcf67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)