9月22日盛岡市アイーナで、書家の沢村澄子先生をお迎えして
『おひさまくらぶ』イベント~巨大書道の世界へようこそ~が開催されました。

書道未経験の幼児や小学生も含め、総勢17名の親子にご参加いただきました。
この巨大書道は、書道経験や書道の上手い下手は一切関係ありません。

なぜなら好きな文字を好きなように書き、書道未経験者でも
十分に楽しめる
書道
だからです!

でも、好きなようにと言われると大人は「何を書いたらいいのか…」と悩みますよね。
悩んでいる大人を尻目に「よし決めた!書くよ!」とためらわず、感性のままに
思いのままに書き始めようとする子供達。
沢村先生のお手本を見る目も真剣そのものです。

DSCF0907-1.jpg

子供達の思い切りのよさ、決断力、行動力に頼もしさを感じたお母さん達は多かったと思います。
子供ってスゴイですね!

参加いただいた皆様が巨大書道初体験でしたが、大きな筆を持って大きな半紙に書く姿はさながら書道ガールズのようでした!

大きな筆と大きな半紙。いったいどんな大きさかというと…こんな大きさ!

DSCF0910-1.jpg

みんなで四隅を押さえて「人間ぶんちん」です。

DSCF0917-11.jpg

手足よりも太くて大きな筆を使って、体全体で書いています。

DSCF0911-1.jpg

あ~あ子供達、墨汁の入ったバケツに足を…。大変なことになりそうな予感…。

DSCF0909.jpg

沢村先生、その様子を見て「バケツに足を突っ込んだ子供達は初めてよ!」と
叱るでもなく、むしろうれしそうに見守ってくれていました(*^_^*)

大変なことになったのはこちらのほうでした(^_^;) 

DSCF0925.jpg

それでは、楽しい雰囲気の中で書き上げた
皆様のすばらしい作品とコメントを紹介します。

□ Aさん『晴』
「解放できました。すごく楽しかったです。」
②晴

□ Bちゃん(小4)『美』と『等しい』
「自分の名前から一字をとりました。楽しかったです。」
①美

⑤等しい

□ Cくん(小2)『花』と『正しい心』と『弓矢』
「花が咲いているところを書いた。正しい心とは嘘をつかない心。正しい心がすき。習字を習っているお姉ちゃんが書いていたので真似して書いてみた。」
⑩花

⑧正しい心

⑪弓矢

□ Dちゃん(小4)『泣』と『嵐』
「なんとなく、の気持ち。」
④泣

⑫嵐

□ Eさん『わらい』
「娘が「泣」だったので、親子セットで「泣き笑い」。」
「最初は漢字で『笑』にしようかと思った。『笑』は形で笑っているように見える。ひらがなにしてみた時、動きをつけた曲線が、体の力が抜けて笑っている感じになった。」
③わらい

□ Fさん『さくら』
「好きだからです。」
⑬さくら

□ Gちゃん(小2)『かぞく』と『心』と『友だち』
「お父さんが亡くなっちゃったけど、家族が好き。」
「こころって書いたけど、変になっちゃった。」
「友だちは、○○くん、○○ちゃん、……」(いっぱい教えてくれました!)
⑨かぞく

⑥心

⑦友

□ Hさん『ありがとう』
「一息で何も考えずに書けて気持ちよかったです。」
⑭ありがとう

どの作品も感性豊かで堂々たる作品に仕上がり、鑑賞会では沢村先生が全ての作品のいいところを褒めてくださいました。
おひさま9月-4


参加者さん同士も作品のいいところを語り合い、温かな雰囲気に包まれました。

参加者の皆様からは「初めて大きな筆を持ち、ダイナミックに体全体で字を書く行為が、こんなに心が解放されて気持ちがいいものだと初めて知りました」「とても気持ちよく楽しかったです」との感想をいただきました。

解放された心に沢村先生の褒め言葉がしみわたり、参加者の皆様にとって有意義で楽しい時間を過ごしていただけたイベントとなったようです。

ご参加いただいた皆様、沢村先生本当にありがとうございました。
2012.10.06 Sat l ★おひさまくらぶ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://incluiwate.blog.fc2.com/tb.php/36-004cc06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)