シンポジウム「ひとり親家族支援を考える」

日時: 2012年7月1日(日)
    13時45分~18時(13時30分開場)

場所: アイーナ(岩手県民情報交流センター)
    8階 研修室 812(定員150人)
    JR盛岡駅西口 徒歩4分
    (岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1)

☆参加無料/申込不要/託児あり(要申込)☆

   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆  

第一部 基調講演(13:50-14:30)
●「ひとり親家族の現状:震災、貧困、社会的排除」
阿部 彩(国立社会保障・人口問題研究所)
  厚生労働省社会保障審議会臨時委員(生活保護基準部会)
  内閣府男女共同参画会議専門委員
  内閣官房社会的包摂推進室企画官

第二部 パネルディスカッション(14:45-17:20)
司会・モデレーター:藤原千沙(岩手大学)
●岩手県のひとり親世帯の現状 
菊池秀樹(岩手県保健福祉部児童家庭課健全育成担当課長)
●母子家庭団体の取り組みと被災者支援 
赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)
●父子家庭団体の取り組みと被災者支援
村上よしのぶ(全国父子家庭支援連絡会理事/宮城県父子の会代表) 
●岩手の医療現場からみた子どもの貧困
小野寺けい子(川久保病院小児科医師/盛岡医療生協理事長)
●インクルいわての立ち上げと今後の取り組み
山屋理恵(NPO法人インクルいわて理事長/社会的包摂サポートセンター
     中央センター盛岡責任者・東北コーディネーター) 

第三部 交流タイム(17:30-18:00)

   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆  

主催:NPO法人インクルいわて

後援:岩手県、岩手県司法書士会、岩手県社会福祉協議会、岩手県助産師会、
   岩手県ユニセフ協会、岩手大学男女共同参画推進室、岩手弁護士会、
   NPO法人参画プランニング・いわて、
   こどもの”ふつう”を考える福祉・教育・医療の会(岩手ふつうの会)
   日本ユニセフ協会(五十音順)

協力:国際協力NGOオックスファム・ジャパン
   岩手ひとり親家族支援・地域連携会議

問い合わせ先(託児の申込はこちらへ)
★NPO法人インクルいわて★ 
電子メール: inclu.iwate@gmail.com
電話: 080-2827-3213(10 -17時)

シンポジウムチラシlogo
2012.06.01 Fri l ★シンポジウム l top